多くの人が利用しているボトックス注射【副作用の危険性を確認】

美しくなるための施術

顔を触る人

シワ改善や小顔に効果的

ボトックスとは、ポツリヌス菌の毒素を人体に安全になるよう精製して作られた薬で、筋肉の緊張を緩める作用があります。厚生労働省によって認可されている医薬品で、医療現場では顔面痙攣などの治療薬として利用されています。このボトックスは美容の分野でも活用され、シワの改善やエラを小さくする効果、多汗症の症状を和らげることが可能です。額や眉間、目じりにできる表情ジワに特に効果的で、ボトックス注射を行うことにより筋肉が弛緩します。すると周囲の筋肉が皮膚を引っ張ることになり、自然とシワが消えていきます。効果が持続している期間は筋肉の働きが弱くなっているので、シワができにくくなるメリットもあります。従来なら手術が必要となる小顔術や表情ジワ改善、多汗症などを短時間かつメスを使わずに改善できることから人気のプチ整形です。ボトックスの作用は筋肉の動きを弱めることですが、シワを改善するのに加えて目を大きく見せるなどの効果も存在します。顔を大きく見せるエラは、骨格が原因の場合と筋肉の過剰な発達が原因の場合があります。奥歯を噛みしめる癖がある場合、エラの部位にあたる筋肉が大きくなり、張り出して顔を大きく見せてしまうのが特徴です。ボトックスを咬筋と呼ばれるエラの部位にある筋肉に注射することで、筋肉が弱まり徐々に痩せていきます。筋肉が小さくなることで、手術を行わずにスッキリとしたシャープなフェイスラインを実現できます。施術時間は注射する箇所や本数によりますが、約10分程度です。皮膚に塗るタイプの麻酔を使用し、同時に非常に細い針で注射するため、ほとんど痛みは感じません。施術時に傷口ができる心配がなく、痛みや腫れが起きる可能性も非常に低いのが特徴です。ダウンタイムがないので、術後のメイクや当日のシャワーも可能です。効果が現れるまでの時間は個人差があるものの、顔のシワ改善ならば術後2日から3日程度で、3ヶ月から6ヶ月程度持続します。エラへのボトックス注射は、効果が現れるまで少し長く1ヶ月程度必要としますが、1年ほどと長く持続し、再び施術を行うことで徐々に持続時間も長くなっていきます。